イメージ画像

子育てしながら
 条件の良い求人を見つけるために!

子育てしながら働く看護師にとって大切なこと

子育てしながら復帰しようとする看護師、子育てしながら働き続けている看護師にとってもっとも切実な問題というのは、仕事と家庭との両立です。ブランク明けの病院勤務で多くの手技が必要となったとしても、その辺りは働き続けているうちに慣れます。ある意味、「やる気と慣れでなんとかなる」部分です。

一方、「勤務時間が長い」「残業が多い」「人手不足で子どもが調子が悪いときに休めない」(休むと嫌味タラタラとか、ペナルティーがある)という職場はどうにもならない問題と言えます。

だから、技術面や業務面はさておき、看護師と子育て、つまり仕事と家庭の両立ができるかどうかをまず念頭に置くべき。

残業が少なく、休みの日も決まっている職場ということでクリニックでの勤務は子育てしながら働く看護師に人気の職場なのです。

クリニック勤務のデメリット

ただし、クリニックに勤務することについて次のデメリットは頭に入れておきましょう。

(1)駅チカ、残業なしなどの条件の良いクリニックは激戦です。ときどき欠員補充で看護師を募集しますがすぐに採用枠が埋まります。(そもそも採用数が少ない)

(2)クリニックでは勤務する看護師の数が少ないため、意外と休みは取りにくいものです。同僚の看護師の理解が大きくモノを言います。

それを理解した上で、クリニックの求人を探すのは当然アリです。ただし、上記のデメリットがあるので、転職支援サービスを使う方が無難です。「情報収集力が強い」会社や、「地元の案件に強い」会社を使うようにしてください。多くの求人案件をキャッチできる能力が高いほか、職場の雰囲気を前もってキチンと調べてもらえることは心強い味方となるはずです。

まだある、子育て中の看護師が働きやすい職場

ただし、看護師で子育てしながら病院勤務する人は皆無かというとそうでもありません。最近は看護師を少しでも増やそうと、あるいは減らさないために、子育て中の看護師でも働きやすい仕組みを整える病院が増えつつあります。

その仕組みの例を2つ挙げます。

一つ目は「院内託児所」が設置されている病院です。24時間託児所に子どもを預けて残業や夜勤を行うことになります。

もう一つは「短時間正職員制度」を採用している病院です。短時間正職員制度は、正職員と同等の待遇を維持しつつ、一時的に短時間勤務を認める制度です。福利厚生や退職金、昇進昇給などは正職員と同じ扱いです。多くの場合、違うのは勤務時間を減らし、その割合分の給料減だけ。身分は正職員なので、パートのようにモチベーションの低下も起きず、利用した看護師からはとても好評な制度です。

このように、最近は看護師が子育てしながら働くための環境が整いつつあります。好条件の職場で働くには、多くの求人を確認することからスタートしましょう!

自分にあう求人を見つけるために

看護師が子育てしながら転職する場合、転職活動の時間が取れないことがネックになります。時間があれば多くの求人情報を確認できます。また転職先の情報を詳しく調べることもできます。転職をしてから後悔したくないのなら、転職の準備にも十分注力すべきですが、子育てしながらだとどうしても時間的な制約ができてしまいます。

そんな時に、転職活動のサポートとして利用したいのが『看護師専門の転職支援サービス』です。転職支援サービスは無料で使うことができますので、転職の相談や情報収集という段階から利用する方も多いです。

多くの転職支援サービスがありますが、選ぶ基準としては「多くの求人情報を持っていること」「サポートが信頼できること」。知名度の高い会社は営業力も高く、情報量が多いことが多いです。あとは地元に強い会社を選ぶのもよいでしょう。信頼出来るサポートについては、顧客満足度や外部の評価などもとに判断するとよいですね。

相性が合う合わないの問題もありますので、2、3箇所登録して、様子を見ながら進める方も多いです。もちろん全て無料ですし、その方が情報入手源が増えて、良い求人を見つけられる可能性が高まるというメリットもあります。

おすすめの転職支援サービス

  • ナースではたらこ

    子育て看護師が嬉しい求人案件~ナースではたらこ

    楽天リサーチNo.1。逆指名制度。転職支援金がもらえます。

    「はたらこねっと」「ジョブエンジン」のディップ(株)運営。安心・信頼できる上場企業。
    2012年楽天リサーチ【看護師人材紹介】顧客満足度No.1の実績。
    希望の病院があれば、いま求人募集が出ていなくてもこちらから病院に求人を確認することが可能【逆指名制度】
    全国最大級の9万件の医療機関データベースをもとに求人を探せます。
    転職者全員がもらえる!最大10万円のHAPPYボーナスキャンペーン!
    相談会場:東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、または電話・メール

  • マイナビ看護師

    子育て看護師が嬉しい求人案件~マイナビ看護師

    総合人材紹介サービスの「マイナビ」グループ。日本最大級の転職サービス。
    利用者アンケートでは利用者満足度96%以上。
    病院や医療機関だけでなく、一般企業の求人や治験関連の
    求人も幅広く揃え。総合人材紹介であるマイナビの強みです。
    全国10箇所の相談会場あり。対面でも電話でもどちらでもOK。
    看護師専任のキャリアコンサルタントを顔写真付きで紹介。安心と信頼がうかがえます。
    相談会場:東京、さいたま、横浜、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡、札幌

  • ナースパワー人材センター

    子育て看護師が嬉しい求人案件~ナースパワー人材センター

    看護師転職支援を25年続けてきた、豊富な実績とノウハウ

    業界最大級の全国13拠点で転職支援。地方の方でも利用しやすいです。
    看護師転職支援25年の老舗。医療機関からの信頼感が高く、
    『ナースパワー人材センターさんの応募者なら』と採用されるケースも
    『都市応援ナース』『離島応援ナース』という独自の勤務形態が人気。
    求人先(病院)が支払う紹介料金が業界標準よりも低額だから採用に至りやすい。
    相談会場:札幌、東京、横浜、埼玉、千葉、名古屋、大阪、広島、岡山、福岡、北九州、熊本、沖縄


看護師で子育てしながら働かなければならないという方の中にも、事情はさまざまです。中には、不安を覚えつつ職場に出るという人も多いでしょう。。。大丈夫です。子育てしつつ看護師に復帰、もしくは条件の良いところに転職して、子育て看護師ママとして働いている人は大勢います。最初は看護師@子育てママとして働く自信がなくても、何とかなるケースは多いです。ただしその前提として、子育てしながら働く看護師に理解ある勤務先で働くということは不可欠です。それは職場の勤務の仕組みだけでなく、同僚看護師の態度も含まれます。こうした職場の内部の情報は自分だけではなかなか入手しにくいものです。そんな時は、ぜひ転職サイトのコンサルタントを利用するとよいです。そして大切なことが最後に1つあります。貴女が子育て看護師を卒業したら次の看護師@子育て新米ママを助けてあげてほしいのです。

このページの先頭へ